新型コロナウイルス感染症に関する当院対応について

診療内容

病名

Disease

ドライアイ

涙の分泌量が少なくなったり、涙の質が低下することによって涙が均等に行きわたらなくなる病気です。目が乾燥するだけではなく、黒目に傷ができて炎症が起きたり、視力低下を引き起こす場合もあります。市販の目薬で改善しない場合は、一度ご相談ください。

このような方はご相談ください

  • 目が乾燥する
  • 目が充血する
  • 目が疲れやすい
  • 目がゴロゴロとして、異物が入っているように感じる

結膜炎

細菌やウィルスによる感染や、花粉、ハウスダストなどによるアレルギーなどによって白目とまぶたの裏側を覆っている結膜が炎症を起こす病気です。白目の充血や目やにを伴い、悪化すると視力に影響が出る場合もありますので、早めに治療を行うことが大切です。ウィルス性のものは感染しやすいため、他人へうつさないように対策をとるようにしましょう。

このような方はご相談ください

  • 目が充血する
  • 目にかゆみを感じる
  • 目に異物が入っているように感じる
  • 目やにや涙が多く出る

眼精疲労

慢性的な目の緊張と疲れによりさまざまな症状として現れる病気です。目だけでなく全身に疲れを感じる状態を眼精疲労と呼びます。スマートフォンなどの画面を長時間見たり、メガネやコンタクトの不具合で目に負担がかかることなどで起こりますが、精神的なストレスが原因で起こることもあります。

このような方はご相談ください

  • 目の奥に痛みを感じる
  • 頭痛や肩こりがする
  • 目が乾燥する

ものもらい

目に細菌が入り込むことで起きる病気です。不潔な手で目をこすったり体の免疫力の低下することで発症します。ものもらいには痛みをともなうタイプと、痛みがないタイプがあり、痛みがない場合でも治療をすることで早く治ります。目薬などをさしてもなかなか治らない場合はご相談ください。

このような方はご相談ください

  • まぶたが腫れたり、しこりがある
  • まぶたが痛む
  • まぶたに異物感がある

さかさまつげ(眼瞼内反、睫毛内反)

さかさまつ毛(眼瞼内反、睫毛内反)は、外側を向いているはずのまつ毛が、眼球に触れている状態のことを指します。まつ毛によって、目の表面に傷がつくため、ゴロゴロとした違和感や目やにが出るなどの症状が出ます。小さなお子さんの場合、本人に自覚がない場合も多いため、保護者の方が確認していただき症状が見られる場合は、ご相談いただくとよいでしょう。

このような方はご相談ください

  • 目がゴロゴロする
  • 目やにがよく出る
  • 目が充血している

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈血管が詰まって血液が流れなくなる病気です。静脈が詰まると、そこまで流れてきた血液の行く手が阻まれ眼底出血や網膜浮腫(網膜の腫れ)を起こします。
放置しておくと視野が欠けたり視力低下してしまうおそれがあり、早めの受診をお勧めします。

このような方はご相談ください

  • 視力が落ちた
  • 視野が欠ける
  • ものが歪んで見える

白内障

目の中の水晶体(カメラのレンズに相当する器官)が濁ることにより様々な症状が出てくる病気です。加齢によって誰にでも起こる病気ではありますが若年者であっても高血圧や糖尿病、外傷などにより生じることがあります。眼鏡を変えても見えるようにならない場合は一度受診をお勧めします。

このような方はご相談ください

  • メガネの度数が合わなくなった
  • ものがかすんで見える
  • 明るいところで眩しく感じる
  • ぼやける

緑内障

視野(=見える範囲)が狭くなっていく病気です。自覚症状は殆どないため、かなり進行した状態で発見される場合が多いです。日本人の40代以上の20人に1人が緑内障と言われており放置すれば失明につながる疾患のため、早期の診断、適切な時期をみた治療の開始が必要です。

このような方はご相談ください

  • 血縁者に緑内障と診断された人がいる
  • 左右の目で見え方が違う
  • 視野の一部が暗く欠けている
  • よく物にぶつかる

糖尿病網膜症

糖尿病で目に起こる合併症です。網膜の静脈が詰まることで眼底出血や網膜浮腫(網膜の腫れ)を起こします。放置しておくと視野が欠けたり視力低下してしまうおそれがあります。血糖値の異常を指摘されている方は定期的な眼底検査を受けることをお勧めします。

このような方はご相談ください

  • 血糖値が高い
  • 糖尿病の治療中
  • 視力が落ちた
  • ものが歪んで見える

ぶどう膜炎

茶目(虹彩)の炎症全般を指します。再発することも多いですが、半数は原因不明とされています。目以外の病気が原因で炎症が起きる場合もあります。

このような方はご相談ください

  • 目が痛み、視界がかすむ
  • 飛蚊症がひどくなった
  • 目に赤みがある
  • 視界が霞む

加齢黄斑変性

年齢を重ねるにつれて網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積してき、網膜中央の黄斑部が障害される病気です。歪みや中心視野の欠損などが生じ、悪化すると失明を引き起こす可能性があります。欧米では失明原因の第1位と言われています。

このような方はご相談ください

  • 急に視力が落ちた
  • ものが歪んで見える
  • 視野が欠ける
  • 飛蚊症がひどくなった

眼膜痙攣

目の周りの筋肉が勝手に動くことにより違和感や不快感を覚えたり、瞬きがしにくくなる病気です。2ヶ月位で自然に症状が解消することもありますが治らない場合は治療が必要になります。

このような方はご相談ください

  • まぶたが開きにくい
  • まぶたが震える
  • 頬が勝手に動く

強度近視

近視が進行した状態の事を強度近視と言います。近視の度数が-8Dを越えると網膜に様々な異常をきたす危険性があります。近視の強い方は定期的な眼底の精密検査をお勧めしています。

このような方はご相談ください

  • 黒い点のような影が見える
  • 視野の中央が歪んで見える
  • 近視が進行しているような気がする
  • 見たい部分がぼやける

メニュー

Menu

眼科検診

定期的な眼科検診は目の健康を保つうえでとても大切です。目の病気には根治することのないものや重篤になるまで自覚症状がないものが数多く存在します。病気を早期発見するために、些細な事でも気にかかることがございましたら一度お気軽にご相談ください。

このような方はご相談ください

  • 要精密検査判定を受けた
  • 目に違和感を感じる
  • 視力が落ちた
  • 家族に眼病を持つ者がいる

コンタクトレンズ・メガネ処方

みなさまの目の状態や視力に最適なコンタクトレンズ・メガネを処方します。目にあっていないコンタクトレンズ・メガネを使用していると眼精疲労の原因にもなります。特にコンタクトレンズは目に直接触れさせて使用するものですから、トラブルにならないよう的確に対応します。

このような方はご相談ください

  • 今の眼鏡やコンタクトレンズが疲れる
  • 装着時に違和感を覚える
  • 度数が合わなくなった
  • 長期間眼科を受診していない